糖尿病治療や様々な疾患~医療機関発掘センター~

医者

若年層が発症しやすい

潰瘍性大腸炎の症状等について

女性

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症を起こす事を言います。この病気は欧米人に多くて、日本人には少ないと言われてきました。しかし、近年の生活の欧米化に伴って、日本での発症率も増加傾向になってきています。 一般的には20〜30代の若い世代が発症しやすいです。ただ、だからと言って年配者は発症しないというわけではないので、年配の人も注意が必要です。 潰瘍性大腸炎が起きる原因は、免疫の異常反応だと言われています。何等かの理由で体内に異常な抗体が出来て、その抗体が大腸粘膜を攻撃する事で発症します。ただ、それ以外にも普段の食生活やストレス等が複雑に関係しているので、まだ解明されていない部分もあります。 潰瘍性大腸炎の症状としては、腹痛や下痢、血便等があります。ひどくなると、体重減少や発熱等も見られるようになります。

具体的な治療方法等について

潰瘍性大腸炎の治療に関しては、症状の重さによって治療方法が異なってきます。比較的軽度の場合には、薬物療法を行なうのが一般的です。ステロイド薬等の内服をします。ただ、症状が大腸の一部に限られる場合には、その一部に向かって肛門から薬を注入する事もあります。 次に症状が重い場合には、入院をして治療する場合が多いです。ステロイド薬を点滴で投与したり、大腸を休ませるための絶食等が行なわれます。 これらの方法を続けても効果が見られない場合には、手術という選択肢が出てきます。外科的処置によって、大腸の摘出を行なうのです。 潰瘍性大腸炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返す病気としても知られています。また、潰瘍性大腸炎を発症してから10年が経過すると、大腸がんになるリスクが高くなると言われています。こうした事から、この病気を発症した場合には徹底的に治療をする事が大切になります。